518 茶碗と日本人

2017-03-21

吉良文男著 「茶碗と日本人」 ご紹介


茶碗はお茶を飲む碗。
ごはんを食べるのは、 お茶碗。 または 飯(めし)茶碗。
なぜ、 ごはんなのに 「茶」 碗なのか?

日本人にとって茶碗とは?


01.jpg

「やきもの」 がわかると 「日本人」 がわかる。
東洋陶磁研究の泰斗による、 新しい日本人論。
(2,200円)


02.jpg

「吉良さんは15年来の文雅の友である。
造形芸術はもちろん、
文学や歴史についても 心おきなく話し合えるなかで、
茶碗はしばしばふたりの話題となる。
独特の切り口に満ちた茶碗論であり、
おもしろくて新しい日本文化論だ」  ―― 細川護煕


03.jpg
                               (2017/3/20 photo by kon)
最近読んで面白かった焼き物の本をご紹介します。


 

 


◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。







スポンサーサイト
tag :

517 F織部の小どんぶり

2017-03-17

F織部の小どんぶり


還元焼成ですが、 F織部をかけてみました。

2017:1F織部の小どんぶり1

面によって色ムラがあちこちにありましたが、 とりあえず織部色に出ました。
棚は下の方に置きましたが、
置き場と、 最後の (ねらしの) 温度がけっこう影響しているみたいです。

2017:1F織部の小どんぶり2

織部はねらしの温度は20度下がいい、 と聞いたことがありますが、
本焼き窯にはみなさんの各種の釉がけ作品が入っているので、
せめて融点より温度が上がらない調節が肝要に思います。

しかし、 織部のどんぶりって、 食欲がわかない色ですね〜! (笑)



実験 ・ トリコロール2種分け角皿の二度焼き

No.503 の 「トリコロール2種分け角皿」 の中央部分が無釉だったので、
透明釉をのせて二度焼きしました。

2017:1トリコ二度焼き1

土は白系ですが、各種混合土。 真っ白ではありません。
そのせいか?、 茶の混じったムラに焼きあがりました。
う〜む、 やはり二度焼きは失敗する確率の方が高いですね。

2017:1トリコ

ビフォー アフター (実験結果)

2017:1トリコ二度焼き2
                               (2017/1/31 photo by koyama)
柿釉は明るく、 ルリ釉は暗い色に変わりました。


 

 
 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。








tag :

516 フォトクラブいなぎ写真展

2017-03-13

陶芸仲間、 フォトクラブいなぎ写真展のお知らせ


城山体験館ギャラリー (中央図書館) で写真展が開催されます。
テーマは 「多摩川」 です。

ふぉとくらぶ2017

今回は  「稲城より河口」 までの約80点を展示します。 
稲陶会の小林治美さん、土井さん、 森本さんらも出品しています。 
多摩川の風景をご高覧、 お楽しみ下さい。

                   フォトクラブいなぎ  武内信之

                                (2017/3/12 photo by takeuchi)
陶芸に写真。 みなさん、やりますね〜。 (小山 混)


 

 
 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。







tag :

515 ツートンの大どんぶり

2017-03-09

ツートーンカラーの大どんぶりです。

ちょっと大ぶりなどんぶりが出来上がりました。

20171ツートン大どんぶり1

土は古信楽土で軽めで作りやすいです。


20171ツートン大どんぶり2

素焼きに、紙テープでマスキングを施します。

20171ツートン大どんぶり3

最初に、 見込み全部と外側の上3センチまで梅釉をかけました。

20171ツートン大どんぶり4


ツートーンカラーの大どんぶりの完成です

腰から下は、黒マット釉に浸けました。
上からそ〜っと浸しました。


20171ツートン大どんぶり55

かき卵きしめんの完成です。

20171ツートン大どんぶり6
                                (2017/1/31 photo by koyama)
きしめんが旨そうに見えます。
よか器です。



 

 
 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。







tag :

514 黒泥大皿・白切り模様

2017-03-05

黒泥大皿白切り模様


その名の通り、黒泥で大皿を作り、白切り模様を入れてみました。

2017:1黒泥大皿白切り模様1

約30センチほど。 
乾燥、 素焼きまではキレイな形ですが、
本焼きで ソリや歪みが出ることがあります。 大皿はよく練った土で!


2017:1黒泥大皿白切り模様2 

半生乾燥で、 テープでマスキンして白化粧土を筆塗り。
今回は、 ちと仕上がりの色が薄かった。
それとも素焼き後に、 白色を補強すればよかった、 かな。


2017_1黒泥大皿白切り模様3

透明釉に ドブ浸けです。
高台が浅く小さいので、 ツルッとすべり落としそうで持つのに一苦労。
指先の握力が要ります。


2017_1黒泥大皿白切り模様4


白切り模様・黒泥大皿の完成です

大盛のサラダを装ってもらいました。

2017_1黒泥大皿白切り模様5
                                (2017/1/31 photo by koyama)
小鉢同様、 白模様が くっきり出なかったのが残念です…。
次回作に期待します。



 

 
 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。







tag :

513 陶器市

2017-03-01

稲陶会の陶器市


2月25日・日曜日、 稲城市第4文化センター祭の人気イベント
恒例の 「稲陶会の陶器市」 が開催されました。

17022450_1135558329886393_1463011203557445175_n.jpg

稲陶会のメンバー80人が1年間作りためてきた
作品の一部を露店でお安く販売。

16997701_1135558263219733_161525182626833585_n.jpg

ありがたいことに僕の作品、
急須3点ほか湯のみマグカッップなど20余点はほとんど売れてしまいました。

P1100163.jpg

家に置くところがないのでさっぱりしました。

2016_8_20白急須0.jpg

天気にも恵まれ多くのお客さんで賑わい、

16864963_1135558323219727_1407934789859443552_n.jpg

16939210_1135558326553060_7529474011594597835_n.jpg

16865055_1135558359886390_8482457622875537100_n.jpg

稲陶会の皆さん、 お疲れ様でした。

16996215_1135558369886389_5033369702041034039_n.jpg
                         (2017/2/25 photo by Kon & Tera)
売り上げの一部は社会福祉に寄付されるそうです。


 

 
 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>