FC2ブログ

928 ペンギンの絵皿

2018-11-17

ペンギンの絵皿


リクエストがあり、描いてみました。
真ん中にドンと置きました。

2018810ペンギン1

中皿ですが小ぶり。
やや深めにしました。


水色化粧土を塗り、

2018_8_10ペンギン3

皇帝ペンギンを、 ピクトグラム風に彫りました。

ご存じとは思いますが、
ピクトグラムとは、トイレの男女マークやエスカレーター、禁煙マークなどの絵文字のことです。

2018_8_10ペンギン4

濃紺色でペンギンを描き…、

イッチンは南極の氷をイメージして
カクカクに。


2018_8_10ペンギン5

彫ったあと、 濃紺色を筆差し。

2018_8_10ペンギン6

お腹を白に。


2018_8_10ペンギン7

素焼きして、
透明釉にどぶ浸け。


2018_8_10ペンギン8

ペンギンの絵皿の完成です

ペンギンと、 リクエストをくれた方は、
ピングーみないな もっとマンガチックな絵を考えていたみたいです。

2018810ペンギン9
                              (2018/10/2 photo by kon)
この絵はデザイン的で可愛くない、と。
まあ、 確かにそうかもね〜。 
ハハハ… (18.5cm)

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 森 保子さん (陶窯) 11/2 /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。









スポンサーサイト
tag :

927 鎌倉クジラの中皿

2018-11-12

鎌倉クジラの中皿


鎌倉にシロナガスクジラが打ち上げられた。
シロナガスクジラって珍しい。


201810鎌倉クジラ1


こちらがそのニュース写真。
テレビでもやっていました。

2018_10_鎌倉クジラ7

ということで、 クジラの絵皿を作ってみました。
土は半磁器と特コシ白 5:5。

2018_10_鎌倉クジラ2

フチに水色の化粧土。
中は白化粧土を塗る。


2018_10_鎌倉クジラ3

まだ半乾きです。
ここで、 イッチンですが、

2018_10_鎌倉クジラ4

クジラの潮吹きをイメージして…

2018_10_鎌倉クジラ5

シロナガスクジラをデッサンして、
彫ります。
さらに濃紺色を筆差し。


2018_10_鎌倉クジラ6

クジラだけでも寂しいので、
呉須で、 波を描いて大海原を泳いでいます。


2018_10_鎌倉クジラ8

素焼きして、
透明釉にどぶ浸けしました。

2018_10_鎌倉クジラ9



鎌倉クジラの中皿の完成です


なかなかかわいい飾り絵皿です。 (19.4cm) 

201810鎌倉クジラ10
                              (2018/10/2 photo by kon)
小ぶりで使いやすそうな皿です。
お菓子とか入れるといい感じ。

   


 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 森 保子さん (陶窯) 11/2 /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。







tag :

926 カフェオレボウル

2018-11-07

白マット釉の カフェオレボウル


カフェオレボウルのつもりが、
納豆入れにへんし〜ん!


2018102カフェオレボウル1

またもや縮小してしまいました。
懲りない男です。


2018_10_2カフェオレボウル2

大きめに作ろう、作ろうと思ってはいるんですが。


2018_10_2カフェオレボウル3

取っ手をつけてカフェオレボウルに。

2018_10_2カフェオレボウル4

もうすでに縮小気味になってきました。

2018_10_2カフェオレボウル5

愛陶会で白マット釉を新規に購入したので、
早速使ってみます。


2018102カフェオレボウル6

あ〜あ、 こんなに小さくなってしまいました。
しかし、 用途は必ず あります!

2018102カフェオレボウル7

カップスープ入れに、どうでしょう?
やはり小さい!


2018102カフェオレボウル8
                              (2018/10/2 photo by kon)
綺麗に焼けたので、 使ってみましょうか。
                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 森 保子さん (陶窯) 11/2 /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :

925 梨釉の飯茶碗

2018-11-02

稲城の梨灰で作った梨釉の飯茶碗


皿や小鉢はよく割れかけるんですが、
ごはん茶碗は割れないんです、 わが家は。


2018102なし釉飯茶碗1  

でも年に1〜2回は作ります。

2018_10_2なし釉飯茶碗2

前回は去年の夏頃でしたか、
梨釉で3膳作りましたが、
まだ健在です。


2018_10_2なし釉飯茶碗3

今回はやや丸みをつけ、 ご飯がたくさん入るようにしました。

2018_10_2なし釉飯茶碗4

梨釉がちょっと薄めだったのが残念です。

2018102なし釉飯茶碗5

いつものようにポッタリしたのが欲しかったのですが、
まあ、いいでしょう。

2018102なし釉飯茶碗6
                              (2018/10/2 photo by kon)
単一釉で味わいを求める、 なんてね。

稲城の 梨釉は温もりがあって、
ポッテリ焼きあがるので大好きです。
次は赤めの土でまた作ろう。

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 森 保子さん (陶窯) 11/2 /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :

924 水色の印判象嵌の皿

2018-10-28

水色のイッチン土が余ったので、
    印判象嵌の皿を作ってみました




2018102水色印判象嵌の皿1

印判を押すので、 皿は型作りです。

2018_10_2水色印判象嵌の皿2

5ミリ厚のタタラを型にのせて、 周りをきれいに整えます。

2018_10_2水色印判象嵌の皿3

インドかスリランカのシルクに印刷する
木製の印判を、 青山通りで見つけ即購入。
お好きなのが3こで 800円。

皿の周囲に押していきます。


2018_10_2水色印判象嵌の皿4

真ん中には、 先月作ったコロコロで刻印を。
土はほとんど生状態です。 笑


2018_7_17コロコロ

出来ました。  中央に鶏の印判。

2018_10_2水色印判象嵌の皿5

2時間ほどで土が固くなってきたので、
水色のイッチン土を筆で差していきます。


2018_10_2水色印判象嵌の皿6

それをまた1時間後…、
削り落とします。  お茶を飲む暇もありません。

押し、塗り、削り 終わったら、 型から外します。


この後乾燥させて、 素焼きします。

2018_10_2水色印判象嵌の皿7



水色の印判象嵌の皿の完成です

2018102水色印判象嵌の皿8

顔料をちょっと皿にこすってしまったのが出ていますね。

お好み焼きをのせてみました。


2018102水色印判象嵌の皿9
                              (2018/10/2 photo by kon)
型で作った皿は、なんとなく固いイメージ。
ロクロで引いた皿は滑らかさを感じます。 (23.4cm)

気のせいかも…。

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 佐藤 崇倫さん (釉の会) 5/19  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。








tag :

923 海ガメの中皿

2018-10-23

イッチンを施した飾り皿シリーズです。



1 海ガメの中皿

2018102海ガメの中皿1


まず、 淡い水色の皿を作ることにいたしましょう。
白土 (半磁器6:4信楽白) に、 青の顔料を混ぜ込みます。


2018_10_2海ガメの中皿2

練ってしまえば、 いつもと何ら変わらぬ粘土です。

2018_10_2海ガメの中皿3

半乾きで白化粧。

2018_10_2海ガメの中皿4

生乾き状態で海ガメを彫っていきます。

2018_10_2海ガメの中皿5

彫った跡に青色を筆刺しします。

2018_10_2海ガメの中皿6

呉須を、 白化粧土=大さじ2杯に
混ぜ込んだイッチンで格子模様を。

2018_10_2海ガメの中皿7

この後、やっと素焼きして、
透明釉にドブ浸け付け。


2018_10_2海ガメの中皿8



海ガメの中皿の完成です。

2018102海ガメの中皿9

はじめに混ぜ込んだ顔料の効果は?

2018102海ガメの中皿10
                              (2018/10/2 photo by kon)
よくわかりませんが、 なんとなく…
うっすら青っぽい感じがします。

いかがでしょうか?

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 佐藤 崇倫さん (釉の会) 5/19  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>