FC2ブログ

987 梨釉の飯茶碗

2019-09-19

梨釉の続きで飯茶碗を作りました。


2019_9梨釉飯茶碗1


2019_9梨釉飯茶碗2


2019_9梨釉飯茶碗3


2019_9梨釉飯茶碗4



梨釉の飯茶碗の完成です

2019_9梨釉飯茶碗5


2019_9梨釉飯茶碗6
                           (2019/7/23 photo by kon)
ご飯が美味しく いただけます。
                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 山田 美沙緒さん (陶窯) 9/3/  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





987 梨釉の飯茶碗 の続きを読む

スポンサーサイト



tag :

986 梨釉の急須

2019-09-13

フタの大きい、 持ち手付きの ポット急須、
稲城特産の梨釉です。



タテ長のポットタイプの急須。
ちょっと大きめで3杯分入ります。


2019_7梨釉急須1

作陶風景は前作でやったので 今回は全部パス。

素焼きです。
口縁やそそぎ口、 フタの外周にベンガラを塗ります。


2019_7梨釉急須2

梨釉にドブ漬けです。

2019_7梨釉急須3



梨釉の急須の完成です

梨の木の古幹や太枝を焼いた完全灰を混ぜて作る梨釉は、
なんとも言えない ”ぽったり” とした質感が特徴です。
梅釉よりはムラがなく、 本焼きでも流れにくいのです。

梨の里、稲城ならではの釉薬です。


2019_7梨釉急須4

ベンガラを塗っておくと、 欠けにくく 強くなるらしいです。
なにしろ 「鉄」 ですからね。


2019_7梨釉急須5
                           (2019/7/23 photo by kon)
3杯分なので、 ボディはギリギリ薄めに引きました。
見た目よりは軽めに仕上がっています。

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 山田 美沙緒さん (陶窯) 9/3/  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





tag :

985 呉須ライン急須 − 2

2019-09-07

「呉須ライン急須」 のデザインを絵付けします。
 

タテに撥水剤で細いラインを引き、
上から太い筆で 呉須をかぶせ塗りしました。
間にオレンジ色の細いラインを描き入れました。


2019_7呉須ライン急須6

下/茶こし部分は、 (目詰まりを防ぐため) 前もって筆水で濡らしておき、
柄杓で透明釉を注ぎ入れ、

その後すぐ、 そそぎ口からストローを差し込み、
強力に吹いて、 茶こし部分の釉を吹き飛ばしました。


2019_7呉須ライン急須7



呉須ライン急須の完成です

呉須が濃く溜まった部分何カ所かに釉剥がれが出ました。
濃過ぎるのはいけません……。


2019_7呉須ライン急須8

まあ、 片目をつぶって良しとしましょう。

2019_7呉須ライン急須9
                           (2019/7/23 photo by kon)
オレンジ色の細ラインは綺麗に発色しました。
フタもぴったり、
お茶を注ぐと湯ダレもなく、 いい感じです。

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 山田 美沙緒さん (陶窯) 9/3/  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





tag :

984 呉須ライン急須 − 1

2019-08-31

急須を作りました。 今回のは フタが小さいタイプです。



タテに呉須の太ラインとオレンジ色の細いラインを描きました。

2019_7呉須ライン急須1


土は特コシ、 ロクロで引きました。

2019_7呉須ライン急須2

フタも小さめで、内側にやや深くしました。

2019_7呉須ライン急須3

茶こし穴を開け、 そそぎ口をつけ、
裏にも釉薬をのせたいので、 高台をわずかに (2ミリ) 作ります。


2019_7呉須ライン急須4

取っ手台も前後に作りつけましたが、

2019_7呉須ライン急須5
                           (2019/7/23 photo by kon)
後でまた、 その 「取っ手」 も作らなければいけません……。  汗!

絵付けと 本焼きは、 すみません 次回です。

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 山田 美沙緒さん (陶窯) 9/3/  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





tag :

983 愛陶会の作品−5

2019-08-25

細田時代さんの作品−3



手まり三姉妹

赤土に白化粧し透明釉、
ちょっと遊んで、ふちに“手まり”を乗せてみました。


2019_5細田08


2019_5細田10

かわいい姿に、どの子もお嫁に出せませ~ん。 

2019_5細田09
                           (2019/7/23 photo by kon)
なので、 また作りましょう。 2.5㎝×7.5φ~6.5φ
                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 篠原 直美さん (うつわ) 6/19/  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :

982 愛陶会の作品ー4

2019-08-19

細田時代さんの作品−2


梨釉のスープカップ 2個組

大きめで、ほっこりするようなスープカップ。
赤土に白化粧をして、梨釉をかけました。


2019_5細田05

梨釉の良さが出ていますね。φ10㎝×7cm

2019_5細田11


落花生のマグ

落花生の形が好きです。
で、カップ半分に明るいブルーの色泥をかけて、線彫りをしました。部分的にグレー。
この器にはピッタリのデザインでしょ。 半磁器土φ8cm×7.5


2019_5細田07


フリーカップ

大きなマグにするか、それとも文具入れか・・、
なんて迷っていたので、どっちつかずの大きさに・・。
そんな迷いを黒いぐるぐる文様で表しました。

2019_5細田06
                           (2019/7/23 photo by kon)
なあんてね。(笑)
半磁器土に透明釉。 φ8.5㎝×10.5cm。

                          

  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 篠原 直美さん (うつわ) 6/19/  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。








tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>