591 目玉焼き風カレー皿

2018-05-18

カレー皿を型作りしました

釉の会のUさんからお借りした、 いつものカレー皿。
此度は 「目玉焼き」 をイメージしましたが、 イマイチでした。
黄身は黄瀬戸釉。


2018_3_31型作りカレ1

6ミリ厚でタタラ。

2018_3_31型作りカレ2

型にのせて縁をカット。

2018_3_31型作りカレ3

これがカレーに合うんだな〜。

2018_3_31型作りカレ4

コロコロもいつものやつです。

2018_3_31型作りカレ5

真ん中の黄身の部分を抜いてマスキング。
黄瀬戸釉をかけたら、 上に撥水剤を塗り、
コロコロ部分にはラテックスを塗ります。


2018_3_31型作りカレ6

全体を透明釉にドブ漬けしたら、
コロコロ部分のラテックスを剥がし…、


2018_3_31型作りカレ7

(下) 剥がした跡に織部釉を筆塗り3回。
これで本焼き。


2018_3_31型作りカレ8



目玉焼き風カレー皿の完成です。



IMG_7909.jpg
                                (2018/4/3 photo by kon)
いろいろ手間をかけた割には、 「よくできました」 にはなりませんでした…。

型作りだと時々ヒビが入る?
今回も1カ所。  素焼きの時はなかったのに…。

                          


  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 佐藤 崇倫さん (釉の会) 5/19  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






スポンサーサイト
tag :

589 タルクマットのコーヒーカップ

2018-05-08

タルクマットの黒いコーヒーカップです。

ボディをデコボコの横波にして 手作り感を出し…、
見込みはやはり白がいいので、 チタン失透釉を。


2018_3タルクマットのマグ1

ボディをデコボコにするのは 意外と難しい。

2018_3タルクマットのマグ2

取っ手をつけて、

2018_3タルクマットのマグ3

素焼きに釉がけです。
写真がないのですが、
口縁にガムテープを立ててマスキングして 先に見込みに白を釉がけ。


2018_3タルクマットのマグ4

外側は、ギリギリまで (5ミリを残し) タルク釉に沈めました。
5ミリの部分はタルク釉を筆塗り。

2018_3タルクマットのマグ5


黒タルクマット釉のコーヒーカップの完成です。

今回は間に合いませんでしたが、
次回で上物に合わせた茶托=ソーサーを作ります。


2018_3タルクマットのマグ6
                                   (2018/4/3 photo by kon)
今回はなんとか丁度よい大きさになりましたが、
まだもう少し大きい方が良いとのウワサです。

                          


  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 梅田 知子さん(薫陶) 3/27  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :

588 赤波急須 ー 2

2018-05-03

青海波紋様の赤いバージョン (2)


青海波紋様を絵付けします。

素焼きに、 ボール紙を切り抜いた楕円の型に沿って鉛筆で下描き。

2018_3赤波急須7

ヒューステンの撥水剤 (緑色) を極細で その線をなぞります。

2018_3赤波急須8

太い平筆にたっぷり絵の具をのせて、 緑のラインをはみ出して色を塗ります。

青海波紋様はペルシャ発祥で、 飛鳥時代に日本に伝わり、
平安時代を経て、 江戸時代の紋様文化で開花しました。


2018_3赤波急須9

3号透明釉に どぶ漬けします。
フタの小穴と 茶漉し穴に息を吹きかけ、 釉を飛ばすことをお忘れなく。


2018_3赤波急須10



赤波急須の完成です。

タテに長いオリジナルな青海波 (せいがいは) 紋様は、
江戸風と違い、 ちょっとモダンなイメージでしょう?


2018_3赤波急須11

ところで、 急須のフタの 「穴」 の意味 ご存じでしたか?

林先生が驚く<初耳学>「急須のフタの穴の正しい位置」(2016/11/6放送)
https://www.youtube.com/watch?v=vmQxUFLMxqw

フタの穴は、注ぎ口に向かって、前方にあるとよいそうです。 (上の写真)
この穴で、空気を撹拌し、かき混ぜる効果があり、
お茶を注ぐ際、穴から空気が急須の中に入り、茶葉がしっかりかき混ぜられ、
美味しいお茶が味わえる、とのことです。


2018_3赤波急須12
                                  (2018/4/3 photo by kon)
というわけで、 お茶、 紅茶ともに、 美味しくいただきます。/span>
                          


  


 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 梅田 知子さん(薫陶) 3/27  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif






b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :

586 トルコ青目玉大皿

2018-04-23

見込みにトルコ釉の青い目玉を入れました。


土は半磁器と特コシ、 5:5。
なるべくフラットな皿を目指しました。

なんか青い目玉に見えませんか?


2018:3トルコ玉大皿1

直径27センチで上がりました。

2018_3トルコ玉大皿3

1週間後、 高台を削って…。

2018_3中トルコ大皿4

素焼きに 黒泥土をべた塗りしてから、
粗っぽく 削ります。


2018_3トルコ玉大皿4

見込みのフチに同じ黒泥土で太ラインを2本引き、
見込み中央にトルコ釉で円を描きました。


2018_3中トルコ大皿6




トルコ青目玉大皿の完成です。

「おい、鬼太郎!」 、 目玉おやじの声が…?

2018_3トルコ玉大皿7

外側のラインは、 黒泥べた塗りを カンナで削りました。
(見込みの) 筆塗りより 粗っぽさが欲しかったので…。


2018:3トルコ玉大皿8

土佐煮1

たけのこ2

友人の竹林に、 たけのこ掘りに行きまして、

土佐煮
                             (2018/4/3 photo by kon)
家で早速、土佐煮をいただきました。
何かと使いやすそうな皿です。  (23センチ)

                          


  

 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 梅田 知子さん(薫陶) 3/27  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。






tag :

578 スミレの紅茶カップ

2018-03-19

スミレの紅茶カップ


会でスミレ釉を買ったので、 早速使ってみます。

2018_1_30スミレ紅茶カップ1

ロクロで2つ作りました。
土は古信楽の白のやや粗目。


2018:1:30スミレ紅茶カップ2

2018_1_30スミレ紅茶カップ033

取っ手はいつもの 「カサヒモ取っ手」 です。

2018:1:30スミレ紅茶カップ4

スミレ釉にドブ浸けです。

2018_1_30スミレ紅茶カップ5


スミレの紅茶カップの完成です。

スミレ、 と言っても水色で、 紅茶が似合います。
腰下がザラザラなので ザラザラ感が出てますが、
ツルツルよりは 良いと思います。

2018_1_30スミレ紅茶カップ6
                                       (2018/1/30 photo by kon)
今回は還元焼成なので、
スミレ色がやや濃いめに出ました。


  


 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 増田 育子さん(陶楽) 12/27  /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif






b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。







tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>