208 織部のコーヒーカップ赤土

2014-03-30
 コーヒーカップ→面取りして織部釉をかけます


茶碗ができました。 
まだ半乾きです。 取手は後でつけます。


201311珈琲C赤1.jpg

大きいカッターの刃で 
大胆に外側を削ります。
ちょー気持ちいい!


201311珈琲C赤2.jpg

今11月は 「酸化」 なので赤土に白化粧します。
白化粧が乾いたら、取手をつけます。


201311珈琲C赤3.jpg

少し乾いたら取手も小カッターでランダムに面取りして、
ここも白化粧です。


201311珈琲C赤4.jpg

白化粧する訳は、 ここに織部釉をかけるから。
織部のみどり色は白地にきれいに生きます。

なら初めから 「白土にしたら」 と思うでしょうが、
それでは 「土味」 が出ないのです。

下、織部釉をかけました。


201311珈琲C赤5.jpg

本焼きの完成です。
白化粧をかけたので 「面取り」 もほんわか温かみがあります。


201311珈琲C赤6.jpg
                               (2013/11/19 photo by kon)
高台に「赤土色」が見えるのがいいでしょう。

次回は、同じものを「白土」で作ってみます。 どうなるか?





 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 山田 美沙緒さん(陶窯)
 アップしました。up.gif



 

★ランキング応援・ポチッとクリックよろしくお願いします。




スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>