220 りんどうのどんぶり鉢

2014-04-30
 どんぶり鉢に草花の絵を描く


どんぶり鉢に下絵付け。

201311りんどう丼鉢00.jpg

京赤土に白化粧して素焼きします。

201311りんどう丼鉢1.jpg

素焼きの白地にベンガラで枝を描き、
桔梗は呉須で描いたあと、 先鋒にルリ釉を塗ります。
呉須とルリ釉の相性はかつての 「茄子皿」 で学習済み。


201311りんどう丼鉢2.jpg

筆先が震えないように、真剣です。

201311りんどう丼鉢4.jpg

口縁にはベンガラを塗り、
全体を透明釉にどぶ浸けしました。

りんどうのどんぶり鉢の完成です。


201311りんどう丼鉢5.jpg
                                (2013/11/19 photo by kon)
赤土 「京赤A」 に透明釉を掛けたが。
酸化なので、 赤土色に発色するかと思っていたところ
還元時とおなじ 「グレー色」 になった。

白化粧と赤土の色の差が出ない!
こいつは想定外、シンリュウのカタログと違う。
「京赤A」は使えない!




 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 篠原 直美さん (うつわ)4/18
 アップしました。up.gif



 

★ランキング応援・ポチッとクリックよろしくお願いします。



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>