343 織部カップ全滅

2015-05-30
 丹誠こめた織部が全滅しました…。



今回は、どういう風の吹きまわしか、
ひと月かけて取っ手つきカップばかり12個作りました。

20150516カップ集合.jpg

まあ、 酸化だし、 いろいろな釉薬を試したかったのですね。


20150516織部カップA_0.jpg

そのうちの4個が織部釉で、
カップ外側には刻み模様を彫込んで、
釉が流れ落ちにくくしました。


20150516織部カップA_1.jpg

釉は、カネアツの織部で、新品です。

2015516織部11.jpg

2個はドブ浸け。

あと2個は、 外は織部ですが、 口縁と内側は透明釉。
① マスキングテープを口縁外側に3ミリほど (お好みで) くっつけて貼ります。


20150516織部カップA_11.jpg

② 内側を先に施釉したのち、
③ テープを持って、テープぎりぎりまで織部釉に 3秒 ほど浸します。


20150516織部カップA_4.jpg

④ 残ったフチの部分は、 カンナで調整後、 筆塗りします。

この方法、おススメします! 

20150516織部カップA_8.jpg

もちろん窯づめ前に、 高台下の釉は雑巾で拭き取り、
かんなでうす目に削ってきれいにします。 が、


釉が流れてせんべいにくっついてしまいました。

2015516織部.jpg
                                 (2015/5/19 photo by kon)

今回は温度管理も上手くいき、 期待していたのですが…
(その証拠に他の人の作品はうまくいった!)

一応グラインダーで削ってみましたが、
高台が欠けたりしたので、 あきらめました…。


                           


 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 武内 信之さん(陶友)5/20  /  陶芸体験の旅_「伊万里・有田・唐津の旅」7/24
 アップしました。up.gif



 

★ランキング応援・ポチッとクリックよろしくお願いします。





スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>