505 愛陶会の作品2

2017-01-28
 
細田時代さんの作品−1

還元焼成は久しぶりなので、 今回は土と釉薬の相性をいろいろ試してみました。


黒いキャセロール風鉢

大き目の器は持ち手があると何かと便利なので、 黒泥土で引き、
持ち手以外の部分をカットしました。

201611細田1

内側にトルコマット、 外側は無釉で焼き締め。
不思議でシックな器になりました。 サイズは18×5㎝


白い花鉢

深めの鉢を引いたら盛りつけにくそうだったので、
9枚の花びらをデザインしてみました。


201611細田2

さくら釉はぽってり感があり、 白のなかに微妙な色があり、 この器にはぴったりでした。

201611細田3

半磁器土に白土をプラス。 サイズは17×10㎝。
緑野菜が映えるでしょ!


201611細田4


グレーの煮物鉢

白みかげにいろいろな残土を加えたので、
自分でもどんな器になるかドキドキだった鉢。


201611細田5

大まかな形をロクロ引き、 後は手ロクロ仕上げだったので、
どことなく ほんわかと温かみのある鉢に。 サイズは16×6㎝

201611細田6
                                (2016/11/22 photo by kon)
おしんこや煮物が美味しく見えそうです。 梅釉。


 

 
 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif YMさん (土と炎) / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif




 
b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。









スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>