538 織部取っ手付き飾り皿−1

2017-06-05

織部取っ手付き飾り皿

酸化焼成なので一つくらいは織部はどうかな…、 と
飾り皿を作ってみましたが、  深い緑色が出ました。


定番の織部らしからぬ、 新しい図柄を探しています。

今回のテーマは 「犬とドーナッツ」。


2017_5_30織部取っ手付き飾り皿1

ちなみに前回は 「エジプト風織部皿」 。

20140903エジプト織部


まずはタタラを5ミリの板で伸し、
型紙で2点分切り抜きます。


2017_5_30織部取っ手付き飾り皿2

ドベを塗って、 壁を建てます。
縁カベの高さは 1.5 センチ。


2017_5_30織部取っ手付き飾り皿3

取手つけまで、 半日で一気に組み立てます。
曲がりや歪みは 最後に小割り板を当てて直します。


2017_5_30織部取っ手付き飾り皿4

一番最後に作った取っ手が、 (風が当たるため) 最初に乾いてきました! (マズイ!)

このまま乾燥させると収縮の時間差で 「取手が折れてしまう」 ので、
刷毛で水で濡らして、全体をビニール風呂敷で包み (少し空気抜けを作り)
そのまま時間をかけて乾燥させます。


2017_5_30織部取っ手付き飾り皿5

下、 素焼きして、 透明釉 と 織部薬をかけました。
この後 絵柄を描き入れます。

2017_5_30織部取っ手付き飾り皿6
                                 (2017/5/30 photo by kon)
今回は 「絵付けと釉がけ」 の順番 を入れ替えてみました。

前回は、 素焼き ➡︎ 絵付け ➡︎ 織部釉がけ ➡︎ 透明釉刷毛塗り、ですが
今回は、 素焼き ➡︎ 透明釉どぶ浸け ➡︎ 織部釉がけ (上の写真)➡︎ 絵付け ➡︎ 絵に透明釉スプレーがけ。
の順番でやってみました。

絵付けやその様子は次回。



◆ご参考 前回2014年のエジプト織部。http://tougei33.blog.fc2.com/blog-entry-327.html





 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 加川 敬子さん (陶窯) 5/25 / 陶芸体験の旅13_「美濃・土岐・多治見の旅」 8/19
 アップしました。up.gif






b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tougei33.blog.fc2.com/tb.php/595-787cb7bb

<< topページへこのページの先頭へ >>