552 愛陶会の作品

2017-11-16
松野さんの作品


ばらの大鉢

大きな範囲の絵つけは初めてで、
出来れば主役の料理をそっと引き立てるような雰囲気が出ればと・・・・・

2017_9松野1

全体的に薄い色のバラを描き、
これだけでは沈み過ぎるので、明るいバラを遠慮がちに添える。

2017_9松野2

葉っぱは濃い緑色になるよう黄色と緑を混ぜ合わせ、
色付けするが前回同様灰色に発色し、
目論見違い、残念だ。
粘土は半磁器8:古信楽2  (20.0センチ×4.8) 

2017_9松野3


ばらの中鉢

大鉢と中鉢を対に、描く領域をあまり広くすると稚拙な技量があからさまになり、

2017_9松野4

美味しい料理も手つかずでは、
調理した人に申し訳なく、ほどほどに。

2017_9松野5

内側の絵付けは、バラの花弁が上になるよう描きたかったが、
上から下を覗くように、絵筆を動かすような技量はなく、

2017_9松野60

思惑とは反対。まあここらで納得しよう。



ビヤグラス

同じサイズのグラスを目指す。
今までに茶碗、湯飲みでチャレンジするが、どちらかが大きくなり過ぎ、

2017_9松野7

今回も思惑とは違い、スレンダーと肥満体。技量を棚に上げてホトホト難しい。

2017_9松野8

スレンダーなグラスは、肥満体グラス作陶の後に若干の反省を込め、飲み口を少し絞り、サイズも
  小ぶりにする。本当であれば、ここで前のグラスを手直しすればいいのですが、まあこれで満足しよう。

2017_9松野9

上達がないのはこんなところに原因があることは重々承知・・・・・
 粘土は半磁器8、古信楽 (サイズ/6.1センチ×9.4、7.3×9.8)


いなぎ芸術祭に出品いたしました。

2017_9松野10
                              (2017/10/22 photo by kon)
恥ずかしながら、 晴れの舞台です。





 
◆コンさんのHP「陶芸始めちゃいました」 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 荒田 みわ子さん(陶友) 9/25 /  陶芸体験の旅No.14_「韓国・利川(イチョン)の旅」 6/13
 アップしました。up.gif






b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。





 

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tougei33.blog.fc2.com/tb.php/631-53981b90

<< topページへこのページの先頭へ >>