FC2ブログ

1060 桜紋の急須

2021-02-24

急須にサクラを描きました。


もうすぐ春ですね。

花びらの数が多いので、 ちょっと大変……。


21:1桜紋急須1-1


では作ります。

土は半磁器に特コシを30%くらい混ぜた白土。


21_1桜紋急須2

茶こし穴は、傘の柄で抜き 竹串で修正してます。じつに前近代的! (笑)

やはりポンスできれいに抜かなくちゃ〜ダメっすね。


21_1桜紋急須3

下は素焼きです。

21_1桜紋急須5

呉須で桜の花びらを描きます。

21_1桜紋急須6

下は素焼きに試し描き。

素焼き皿の失敗作(ヒビ割れしたのがいくつもある)に試し描きしてから、 ね。


21_1桜紋急須7

注ぎ口に弁柄を塗りました。

21:1桜紋急須8

透明釉のドブ浸け。

21_1桜紋急須9

茶こし部分の釉を吹き飛ばします。

21:1桜紋急須10



桜紋急須の完成です


フチの弁柄色が出なかったのが悔しい…。

21:1桜紋急須11

お皿とセットなわけです。

21:1桜紋急須12
                     (2021/2/2 photo by kon)
♪サクラ いざ舞い上がれ……。

ドラマ見て泣きました。

森山直太朗の歌も いいですね〜。





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #稲陶会 #土鈴 #牛 #丑の土鈴 #リサ・ラーソン #稲城 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩
スポンサーサイト



tag :

1059 桜紋中皿

2021-02-18

中皿に桜紋を描きました。


もうすぐ春ですね。

花びらの数が多いので、 ちょっと大変……。


21:1桜紋中皿A-1


では作ります。

今回は半磁器で、


21_1桜紋中皿A-2

プレーンなお皿。

21:1桜紋中皿A-3

素焼きに呉須で絵付けします。

21:1桜紋中皿A-4

鉛筆で下書きしてまずは骨描き、 のはずが……。

ダミが濃すぎて、 ちょっと失敗。

口縁に弁柄を一回り塗りましたが、 これは反対に薄かったようです。


21_1桜紋中皿A-5

透明釉にドブ浸けしました。

梨釉か唐津釉でもよかったかも。


21_1桜紋中皿A-6



桜紋の中皿の完成です

やっぱり、 久しぶりの呉須絵は難しい!

弁柄も出なかった。


21_1桜紋中皿A-7

裏側にも花びらをひとひら描きましたが、

お皿に想いが伝わらないもどかしさ。


21_1桜紋中皿A-8
                     (2021/2/2 photo by kon)

♪サクラ 舞い散る 風に吹かれて……。

MISIAの歌は、 いいですね〜。





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #稲陶会 #土鈴 #牛 #丑の土鈴 #リサ・ラーソン #稲城 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩
tag :

1058 丑の土鈴・その2

2021-02-13

丑の土鈴・その2です。

1月元旦に「赤べこの土鈴」をアップしましたが、

評判がいまいちだったので、
今度はホルスタイン柄を再制作しました。


21:1丑の土鈴1


では、作ります。

作り方はもう結構、という方は
今回は写真も多いので
スルーしてください。(笑)

土は特コシの白。たたらを伸し、 直径10センチに切り抜きます。


20210212165513a8300.jpg

新聞紙、1面の4分の1を柔らかくもんで、
パチンコ玉ほどに丸めた粘土を包みます。
これが 鈴の玉になります。


21_1丑の土鈴4

丸めた新聞紙は卵サイズ。
これを直径10センチのたたらで包みます。


21_1丑の土鈴5

角や耳や鼻のパーツを作っておき、
次々につなげ組み合わせると、


21_1丑の土鈴6

ほら、モ〜〜出来上がり! 簡単でしょ?
ついでに尻尾もつけちゃいました。

背中に紐を通す穴をストローなどで開けておきましょう。
このとき、土をしっかりつまんで
本体に穴を開けないように 要注意です。


21_1丑の土鈴7

素焼きしました。

21_1丑の土鈴8

後ろに見える赤べこにするのもよし、 ですが。。。

今回はお得意のホルスタイン柄を描きます。
黒い模様をきわださせるため、
丑全体に 白色を薄〜く塗っておきます。


21_1丑の土鈴9

目のふちは淡い青、角と鼻は淡い肌色にしました。

21_1丑の土鈴10

おなか側には撥水剤を塗り、

21_1丑の土鈴11

中に釉薬が入らないように
ガムテープでしっかりマスキングして、


21_1丑の土鈴12

透明釉にドブ浸けです。

21_1丑の土鈴13



丑の土鈴・その2の完成です


お正月って、 たったひと月前だったのに、 新鮮さがゼロです!
2月のアップでは、モウだれも牛に興味ナシ?


21_1丑の土鈴16
                     (2021/2/2 photo by kon)

光陰矢の如しが、 あまりにも早いので
ちょっと怖くなりますね……。

地球の自転が早まっている気がします……。





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #稲陶会 #土鈴 #牛 #丑の土鈴 #リサ・ラーソン #稲城 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩
tag :

1057 1月の本焼き

2021-02-07

1月の本焼き。今回は酸化焼成です。


本焼きの窯づめ、 奥の棚です。

2021_1_29窯づめ1

前の棚です。

2021_1_29窯づめ2



2月2日、 窯出ししました。

2021:2:2本焼1


前のテーブルに並べてみました。

なんとも大漁です! 

急須ポットだけでも6個! いろいろあります。


2021:2:2本焼2
                     (2021/2/2 photo by kon)

僕の小品は、次回から個別にご覧ください。



b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #稲陶会 #本焼き #本焼き窯出し #猫の焼き物 #リサ・ラーソン #稲城 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩

tag :

1056 赤いトム猫 ー 2

2021-02-02

赤いトム猫ー2


IMG_9503.jpg


今回はボディーの彫り、 絵付け、 釉がけ、 本焼き をご覧ください。

土はまだ半乾燥状態です。
目と鼻から顔のデザインを決め、
白化粧を施します。


20_11_24トム猫11

ボディーには毛並みに見立てた彫りを入れます。
時間がかかりますが、 丁寧に。


20_11_24トム猫12

黒泥のイッチンで、 顔を描きます。

20_11_24トム猫13

細工仕事はここまで。 
新聞紙をかぶせてゆっくり乾燥させます。


20_11_24トム猫14

素焼きして

まず腹の穴からロートで透明釉を注ぎ、 内側を釉がけ。
外側は (腹の穴を塞いで) 透明釉にドブ浸け。


20_11_24トム猫15

水気が引いたら、
火炎釉を刷毛塗り。 (茶色く出るといいな)


20_11_24トム猫16
   


赤いトム猫の完成です


う〜ん、 刷毛塗り3回やればよかった〜〜。
色が薄いところが出ちゃいました。 残念!


IMG_9509.jpeg
                     (2020/11/25 photo by kon)





b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #稲陶会 #猫の置物 #トム #トム猫 #陶磁器の猫 #陶磁器の動物 #猫の焼き物 #リサ・ラーソン #稲城 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩


tag :

1055 赤いトム猫 − 1

2021-01-28

茶色いトム猫がほしい

三たび、 トム猫で、 赤いバージョン。

じつは 「茶トラ」 を目指しているのですが、
色が出ないんです。 (汗)

20:11:24トム猫01

では、作ります。

1リットルの釉薬ボトル。
蓋の横部分に新聞紙を詰めて丸くします。 (顔です)

20:11:24トム猫02

新聞紙で包む前に、
(引っ張り出し用の) 長めのヒモを入れておきます。

20:11:24トム猫03

6ミリ厚のタタラを新聞紙ボトルに巻きつけ、
頭を丸く成形します。


20:11:24トム猫04

ロクロに移し、 ボディをきれいにします。

ロクロでボディを整えた後は、(少し固くなってきた頃)
下から、 ヒモを引っ張り、 ボトルを抜き出します。
(乾きすぎてしまうと 抜けなくなるので注意)


20:11:24トム猫05

ぽっかり空いた片側には
ロクロで皿状に作ったフタをかぶせ、
密閉した丸い筒状にします。

そのまま立てて置けないので、
(Rに合わせた) 底の丸い金属ボールに立てて入れます。


20:11:24トム猫06

翌日、 耳と尻尾をつけました。

足をつける前は、 発泡スチロールの容器に入れ、
作業するとき以外は、 猫に湿った布をかぶせ、
急激に乾燥させないように気をつけます。


20:11:24トム猫07

四つ足をつけたら、 ボディの重さで潰れないように
お腹を台を当て、 足を乾燥させます。


20:11:24トム猫09

全体に硬くなってきたら、
U字彫刻刀でボディに毛並みをイメージした
細かな彫りを入れます……(次回)。


2021012516.jpg
                     (2020/11/25 photo by kon)
最後に、 お腹に直径25ミリの穴を (丁寧に) こじ開けます。
乾燥による縮小でパンパンになっていたボディが、
わずかに凹み、 力みがなくなります。


この作品は、
焼き穴をお腹に開ければ、 オブジェ か 置き物に、
背中に開ければ 花瓶や、 貯金箱になります。 (笑)

ボディーの彫り、絵付け、釉がけ、本焼きは次回です。




b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #稲陶会 #トム #トム猫 #陶磁器の猫 #リサ・ラーソン #稲城 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>