fc2ブログ

1103 カブトムシ ー1

2021-10-20

  カブトムシ (前 編)


2021_9カブトムシ1


陶磁器のカブトムシ、 本焼きが遅れましたが夏休み中の作品です。(笑)


では作ります。

土は半磁器と特コシAを半々。


2021_9カブトムシ2

たたらを5ミリに伸ばし、

ストレッチ用のボールに新聞紙を巻き、粘土を被せます。


2021_9カブトムシ4

少し乾いてきたら、ボールを外し、

板の上に楕円に変形させて乗せます。 これは一発勝負のタイミング!(笑)

2021_9カブトムシ5

写真はありませんが、

少し硬化してきたら、 同じ5ミリ厚のたたら底とドベで合体します。 (基礎ボディの完成)


続いてパーツを作ります。

2021_9カブトムシ6

太い粘土のままだと、 ヒビや割れが入るので

新聞紙を丸めた芯に粘土を被せ、 角=ツノや足を作ります。

これだけで 「らしく」 なってきました!

2021_9カブトムシ7

第2の角を作りつけます。

ツノの芯の新聞紙はボディに貫通しています。

2021_9カブトムシ8

昆虫は身体が3つの部分から成っているので、 関節を明確に。

目や触覚を作ってほぼ完成。 (ボディが乾燥しすぎないように注意です)

2021_9カブトムシ9

最後に一番面倒で 難しい足を作ります。

これを真ん中でカットすれば6本分です。

2021_9カブトムシ10
           (2021/9/20 photo by Misao & kon)

底=腹の穴はまだ開けていません。

ボディが乾燥してくると、少し縮小してパンパンになってきます。

ただし、これから足をつけるとボディと直結するので空気が抜けます。



以下は次回で。


 



◆稲陶会の作品をご紹介 →→ 『ギャラリー稲陶』はこちらから
→→up.gif 小鈴 美子さん(釉の会) 2021/6/12
 アップしました。up.gif




b_02.gif
★陶芸ランキング・1日1回応援クリックよろしくお願いします。



#愛陶 #愛陶日誌 #小山一茂 #小山混 #カブトムシ #陶器カブトムシ #稲陶会 #本焼き #カブトムシオブジェ #カブト虫オブジェ #酸化焼成 #本焼き窯出し #稲城市 #いなぎ #陶芸 #陶芸ブログ #とうげい散歩
スポンサーサイト



tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

https://tougei33.blog.fc2.com/tb.php/885-34396497

<< topページへこのページの先頭へ >>